プロフィール

結城 わらゑ

Author:結城 わらゑ
ようこそ
結城わらゑの活動日記へ
ここでは
日々作成しているイラストや
おすすめ商品を紹介して
いきます。

最新記事
web
印刷
Amazon

三色ボールペンで読む日本語

新品価格
¥1,575から
(2011/5/12 16:35時点)

齋藤 孝の本


チーズはどこへ消えた?

新品価格
¥880から
(2011/2/12 11:55時点)




ONE PIECE 62 (ジャンプコミックス)

新品価格
¥420から
(2011/5/12 16:32時点)

62巻


ONE PIECE 61 (ジャンプコミックス)

新品価格
¥420から
(2011/2/12 11:57時点)

61巻


おすすめ
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上橋菜穂子氏の守り人シリーズ読んだ

3月に読み上げたんだけど感想書いてなかったから、おすすめ本ってことで書いておく。

上橋菜穂子さん作の児童書
精霊の守り人
闇の守り人
夢の守り人
虚空の旅人
神の守り人(来訪編、帰還編)
蒼路の旅人
天と地の守り人(ロタ王国編、カンバル王国編、新ヨゴ王国編)
流れ行く者
全10巻と番外編、読んだ\(^o^)/
面白かった!

読み出した切っ掛けはNHKでアニメしててみてたんだけどあまり面白くなく…、
漫画があるのも読んだけどなんかいまひとつで、
でも漫画やアニメになるんだし人気あるんだなと思い、
普通に小説で読んだら面白いかもしれないと思って読み始めた。
図書館にあったから読んでみるか、くらいの 軽い感じでもあった。

精霊の守り人はテレビアニメみてたから内容同じで、本のとおりだったんだな、くらいの感想しか持たなかった。

闇の守り人はかなり面白かった。
主人公バルサが故郷のカンバル王国に戻る話なんだけど、精霊の守り人の中でもバルサの過去は語ってたが、それだけじゃ物足りなく気になってたので
闇の守り人はかなり満足行く面白さだった。

シリーズ通して世界観が面白い。
バルサやチャグムがいる世界サグと重なりあった別世界ナユグがあるとか、
人とは違う牧羊とかオコジョを狩る者なんて小人もいるし、
かなりのファンタジーかと思いきや、政権争いや国の争い、政治なんかも書かれていて、世界観がしっかりとした奥が深い内容だった。

主人公バルサが30過ぎの女性ってのも珍しいと思った。
児童書ならその年代の子供が主役になりそうなのに。
精霊の守り人でチャグムが10歳(だったかな?) の成長期に合わせてるから
子供が読んでも感情移入できるようにはなってるんだろうけど。

物語ってのは、主人公が10代で心の成長とかそういうのを中心に書いてるものが多い気がするが
バルサなんかもう30過ぎだし、一本通った考え方の成熟した人間だから、そんな人が主人公ってのもよく思いついたなと思う。

精霊の守り人は皇太子チャグムの用心棒になったバルサの物語

闇の守り人はバルサが養い親ジグロの供養のために故郷に戻る物語

夢の守り人はバルサの幼なじみタンダの呪術師の師匠トロガイの過去がわかる物語

虚空の旅人はチャグムが主人公でサンガル王国に新王即位の儀に招かれる物語

神の守り人はバルサが人買いに連れられた兄弟を助けたことでロタ王国のゴタゴタに巻き込まれる物語

蒼路の旅人はチャグムが主人公で海の向こうの大国タルシュ帝国の侵略をうけたサンガル王国へ罠と知りながら援助にいく物語

天と地の守り人は蒼路の旅人の続きでチャグムがロタ王国とカンバル王国に同盟を結びに一人旅立ち、バルサは救助にいく物語

流れ行く者はバルサやタンダの幼い頃の物語

ザッとですが、内容書いてみました。それだけじゃないけど当たらずとも、遠からずな感じです(^-^)

よかったら読んでみてください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

募金
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ランキング
人気ブログランキングへ
カウント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
127807位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
4799位
アクセスランキングを見る>>
おさんぽネコ
FC2プロフ
QRコード
QR
ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。